日清紡HDは軟調、大和証が投資判断を「3(中立)」に引き下げ

 日清紡ホールディングス<3105.T>は軟調。一時、前日比9円安の507円まで売られている。大和証券が19日付のリポートで、投資判断を従来の「2(アウトパフォーム=強気)」から「3(中立)」へと引き下げたことを嫌気している。リポートでは「欧州子会社TMDを中心に、ブレーキ事業の収益力が大幅に低下している。エレクトロニクス子会社の収益は改善」としている。

日清紡HDの株価は、11時00分現在512円(▼4円)