東レがしっかり、航空機向け炭素繊維需要拡大に期待

 東レ<3402.T>がしっかり。薄型テレビ関連など情報通信材料の落ち込みで、今3月期は期初計画を減額、連結営業利益は前期比17%減の900億円と大幅減益になる見込み。18日付レポートでみずほ証券が目標株価を640円から590円に引き下げたが、業績悪化は織り込んでいるようで、逆にアク抜け感から買いが先行している。きょうはボーイングがシルクエアーから次世代737型機と737MAXを計54機受注したとの発表を受け、航空機向け炭素繊維需要拡大が買い手掛かりになった。

東レの株価は13時現在470(△2円)。