ディエヌエーが反発、内需好業績株の一角としてSNS関連へ注目高まる

 ディー・エヌ・エー<2432.T>が反発。特別の材料は観測されていないものの、輸出関連株に一服感が感じられる中、この日は好業績の内需株としてSNS関連への注目度が高まっている。今月6日に発表した決算では、第3四半期累計(4~12月)の業績を売上高1500億円(前年同期比44.7%増)、営業利益580億円(同35.9%増)と予想しており、引き続きARPU(ユーザー1人当たり売上高)の向上やアイテム課金利用層の拡大などを見込んでいる。

ディエヌエーの株価は13時33分現在2665(△95円)。