パピレスがストップ高、『キンドル』関連として人気集中

 パピレス<3641.OS>が続急騰でストップ高に買われた。同社は電子書籍配信大手で、先月、米アマゾン・ドット・コムの電子書籍配信サービスの「キンドル ストア」に電子書籍コンテンツを提供することを発表している。「米アマゾンが電子書籍端末『キンドル』の日本の店頭販売を20日から始めたが、ほとんど手に入らない状態。品薄感を出すために出荷調整なども噂されるが、人気であることは間違いない。そこに目をつけた短期資金の買いが同社など関連株に集中している」(準大手証券投資調査部)という。同社のPERは24倍、PBRは3.3倍台と決して割安ではないが、13年3月期業績は23%経常増益見通しと2期連続で二ケタ伸長を見込むなど、その成長性に注目度が高まっている。

パピレスの株価は13時35分現在5150円のストップ高(△705円)。