住友鉱が4日続伸、タガニート・ニッケルプロジェクトの投資額引き上げ

 住友金属鉱山<5713.T>が4日続伸。この日午後1時30分に子会社であるTaganito HPAL Nickel Corporationがフィリピンで推進しているタガニート・ニッケルプロジェクトに関して当初予定の13億ドルから約15億9000万ドルに投資金額を引き上げることを発表した。11年10月にプラント建設現場が武装勢力の襲撃を受け、建設中の設備が破損するなどの被害を受けたことに伴い従業員、建設作業者などの安全対策費や使用変更で経費が増加したことが要因。襲撃後に安全確認のため工事を一時中断したことから工期に若干の影響を受けているが、その後工事は順調に進捗しており、プロジェクトは13年秋に立ち上がる予定という。

住友金属鉱山の株価は13時57分現在1050円(△1円)。