10月の全国百貨店売上高、6カ月連続の前年比マイナスに

 20日、日本百貨店協会が発表した10月の全国百貨店売上高は前年同月比2.4%減の4955億円と6カ月連続で前年同月比を下回った。商品別では紳士服が落ち込み4.5%減少した半面、化粧品は1.6%増と好調を維持した。また、同時に発表した10月の東京地区百貨店売上高は1.5%減の1226億円と前年同月比を3カ月ぶりに下回っている。