大阪株式(大引け)=5日続伸も主力株はまちまちの動き。

 20日の大阪株式市場は5日続伸、大証修正平均では前日比46円24銭高の1万5784円62銭。
 主力株では村田製作やロームが小幅高の一方で任天堂が反落、日本電産も反落となるなどまちまちの展開で、日本金銭が6日続伸、新日本理化やきんでん、ダイビル、堺化学など低位株が堅調な動きとなっている。半面、ロート製薬、小野薬品や西尾レント、日本セラミックが個別に安い。
 2部は玉井商船が買い進まれオカダアイヨン、安永なども高い。半面、松尾電機、Jトラスト、田淵電機、メタルアートは安い。