東ガスが小反落、シティ証が投資評価引き下げ

 東京ガス<9531.T>が小幅反落。シティグループ証券がガス3社(東ガス、大阪ガス<9532.T>、東邦ガス<9533.T>)の投資戦略を見直し、中で同社の投資評価を「1」から「2」に引き下げたことが観測されている。ターゲットプライスは430円。今3月期業績の増益見通しは概ね株価に織り込まれたと考えることや、電力事業は来期に減益を予想すること、さらに一層の需要増には時間を要しそうなことなどを考慮。ただし、今年4月に稼働する千葉鹿島ラインは今後も需要獲得が見込めることや、明確で高水準の還元方針を有することから、長期的視点ではセクター内で最も魅力的に映るとしている。

東ガスの株価は9時54分現在426円(▼3円)。