日本CMKが6日続伸、13年3月期業績見通しの下方修正も悪材料出尽くし感で

 日本シイエムケイ<6958.T>が6日続伸。20日大引け後に、13年3月期連結業績見通しの下方修正を発表。売上高は前回予想の820億円から755億円(前期比6.3%減)に、経常利益は20億円から8億円(同2.3倍)に減額し、5.8倍経常増益から増益幅を大きく縮小する見通しとした。世界経済の減速から自動車関連製品、通信関連製品、オーディオビジュアル製品の需要減速が著しく、通期の販売計画を見直したことや為替の影響を織り込んだことが要因。ただ株価は下方修正をある程度織り込んでいたとみられ、いったん悪材料が出尽くしたとの感触から買いが優勢になっている。

日本CMKの株価は9時48分現在294円(△8円)。