石川製など防衛関連の一角に買い、自民党「国防軍」公約報道が思惑誘う

 石川製作所<6208.T>が一時前日比4円高の67円、豊和工業<6203.T>が一時3円高の81円、日本無線<6751.T>が一時3円高の198円と防衛関連に位置づけられる銘柄の一角に買いが入った。自民党の衆院選挙の公約案に「集団的自衛権の行使を可能にすると共に、憲法改正によって自衛隊を『国防軍』と位置づけることなどが盛り込まれる」とした複数メディアの報道から、防衛関連機器を手掛ける銘柄に物色の矛先が向かった格好だ。日中関係が尖閣諸島問題で紛糾する中、自民党が同じく公約案として「尖閣諸島の実効支配の強化」を盛り込んだと伝えられたことも買いの思惑を後押ししている。

石川製の株価は10時51分現在65円(△2円)。
豊和工の株価は10時51分現在79円(△1円)。
日本無線の株価は10時51分現在196円(△1円)。