カイオムバイオが上場来高値、完全ヒトADLibシステム開発が進展

 カイオム・バイオサイエンス<4583.T>が4日続伸、上場来高値を更新した。20日引け後に完全ヒトADLibシステム構築を目的とした研究開発で、トリBリンパ球由来DT40細胞の軽鎖抗体遺伝子に対して、ヒトの抗体遺伝子の乗せ換えを行う検証実験をしたところ、ヒト遺伝子間でもジーンコンバージョン(相同組換え)が起こることを確認したと発表した。今回の進捗により、第2段階までの開発ステップが完了、現時点では、当初計画よりも早期に開発が進捗しており、すでに第3のステップに着手している。完全ヒトADLibシステム(プロトタイプ)完成への期待が高まっている。

カイオム・バイオサイエンスの株価は10時57分現在2720円(△295円)。