日特エンジが3日続落、第2四半期業績悪化を改めて嫌気

 日特エンジニアリング<6145.OS>が3日続落。きょう付の日本経済新聞で、ジャスダックと東証マザーズに上場する新興企業の4~9月期経常利益は前年同期比5%増にとどまり、大企業と比べて堅調だった新興企業の業績に陰りが出始めたと報じられている。その中で同社も16%減益と取り上げられ、中国市場の家電向けの減速が響いたとされていることから、改めて業績悪化が嫌気されているようだ。

日特エンジの株価は14時15分現在956円(▼31円)。