コスモ石油は千葉製油所の再稼動に期待、三菱UFJMSは210円目標に

 コスモ石油<5007>には、現在稼動が停止している千葉製油所絡みの期待感が強まっている。同製油所は同社最大の規模を誇るが、今年6月に発生したアスファルト漏洩事故などもあり長期停止している。ただ、同社では2013年1月中旬にも部分的に再度稼動する見通しを明らかにしている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、同製油所が再稼動した場合、来期の業績は回復に転じると予想。20日に格付けを「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げし、目標株価を160円から210円に引き上げた。

 コスモ石油の株価は14時29分現在154円(△3円)