大阪株式(大引け)=6日続伸、村田製作やロームが買われる

 21日の大阪株式市場は6日続伸、大証修正平均は前日比45円89銭高の1万5830円51銭。主力株では村田製作が5日続伸となりロームも3日続伸、日本セラミックも反発し西尾レント、青山商事、オムロン、古野電気、森精機も高い。半面、任天堂とエフピコが続落、新日本理化も反落となり、ロート製薬、小野薬、参天製薬の薬品株や京阪神ビル、名村造船なども安い。
 2部はニチリンが急反発、あかつきFG、松尾電機、東邦金属も高い。半面、Jトラスト、遠藤照明が続落、サンユウ、オカダアイヨン、メタルアート、シノブフーズも安い。