ドル円は79円台中心の揉み合いだが、上値が重たい。

ユーロ続落でクロス円下落もドル円圧迫要因。
ドル円自体の方向感ははっきりせず、79円台の居心地が良いのか、揉み合いが続く感じ。ただし流れは戻り売りでイメージを立てておいた方が良いと思われる。79.700で売りから参入する。ストップを80.250に置きながら、
79.200以下で利食いをイメージしたい。
作成時 79.550-558 7:27AM

ユーロドルの昨晩の動きは典型的なチャート「サポートがレジスタンスに切り替わる」となっていて上値が重たい。そのポイントが1.25100-150ゾーン。1.24500のオプショントリガー防戦買いがどれだけ強いか判らないが、
やはり流れは売りからと考えるべき。1.25050で売り、ストップを1.25500に置きながら、1.24350以下、1.24200にかけて利食いを行いたい。一回で1.24000が割れるイメージを持っているわけではなく、IMMの膨大なユーロショートポジションが既に存在するため、相当利食いも入るイメージで見ています。
作成時 1.24833-842 7:40AM