給与計算している会社の業績もやはり厳しい

日本の給与が厳しいことと同様に厳しい業績
企業の給与計算を代わりに同社が行うサービスを展開。

給与計算の受託業務以外にも年末調整や住民税徴収額更新のサービスも展開しているが、
新規顧客受託にともなう、人件費の増加や経費の増加があり、収益が圧迫されている。

上場以来、売上の大きな減少はないものの、収益改善がなされておらず、
今期の業績予想も増収増益する計画が立てられているものの、投資家が驚く内容とはなっていない。

今後も業績の大きな改善も見込めず、
バリエーションも決して安い水準とは言えないため、売りスタンスとしたい。