終値ベースで80円20銭レベルと割り込むと、「押し」の可能性あり

平均足改良版は「陽線」継続ながらも・・・
------------------------------------------------------------------

皆様、こんにちは。

先週金曜日もドル/円は80円を割れることがなく、一時懸念されて
いた一方的な「円高局面」は避ることが出来た展開となっています。

・8時間足でのトレンドは緩やかな「上昇トレンド」を示唆

・平均足改良版は「陽線」継続中

しかし、およそ1カ月振りとなる80円ミドル超えを達成した後は、
上値が重くなってきています。

もう少し詳しくみてみると、アジアタイムは、80円20銭台で
方向感が定まらない状況が続いていますが、平均足改良版(8時間足)
の実体部の「下」で推移しています。

また、「下ヒゲ」も出ている為、中期はまだ「上」向きですが、
目先、「押し目」を形成する可能性があるのでは?とみています。

中期が「上」を向いている中で、平均足改良が再び強い「陽線」
を示したときは、押し目買いのポイントになりますが、現アジア
タイムの状況はその手前の段階です。