6月25日(月)AM5時時点■[前営業日の金融市場の終値]と[為替相場の現在の相場観や今日の戦略等] by 羊飼い

■前営業日の金融市場の終値[NYクローズ時点]
・NYダウ→12640.78 +67.21
・ナス→2892.42 +33.33
・英FT100→5513.69 -52.67
・独DAX→6263.25 -79.88
・CME.N225→8835.00 +75.00
・金→1566.90 +1.40
・原油→79.76 +1.56

・ドル/円→80.4↑
・ユーロ/ドル→1.257↑
・ポンド/ドル→1.558→
・ドル/スイス→0.955↓

・ユーロ/円→101.1↑
・ポンド/円→125.3↑
・スイス/円→84.1↑

・カナダ/円→78.4↑
・豪ドル/円→80.9↑
・NZドル/円→63.5↑

・ユーロ/ポンド→0.806↑
・ユーロ/スイス→1.200→
・ポンド/スイス→1.488↓

・豪ドル/ドル→1.006↑
・豪ドル/NZドル→1.272↓

※↓↑→は前営業日と比べての方向
本文記載の「NY外国為替市場引け値」についてセントラル短資FXから情報の提供を受けております。掲載情報の著作権は提供元企業に帰属します。また、情報内容の正確性は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当ブログ管理人および情報提供元は一切の責任を負いません。

■前営業日の傾向[ユーロドル及びドル円が主体]
米国債利回りが上昇し、日米金利差拡大への思惑で、円売り・ドル買いヨリ

20日の量的緩和第3弾の見送りの影響で、ドル買いが優勢

ECBが担保の利用拡大について追加措置決定で、ユーロ買い

スペインへの思惑で、ユーロ売り
ロンドンフィキシングで、ユーロ売り

欧州債務懸念が緩和する話題が多く、ユーロ買いヨリ

米国の株式市場が堅調推移で、リスク選好ヨリ

ドル円は、米国の量的緩和第3弾の見送りや長期金利の上昇などで、始終堅調推移
ユーロドルは、欧州債務問題での話題や思惑で荒く上下、結果的には小幅上昇も重い

■□■羊飼いの現在の相場観や今日の戦略等■□■
先週木曜日で相場の流れが加速する動きがあったが、
週末の金曜日はそれ程動かず

しかし、戦略は維持し、
ドル円における上昇継続&加速時の追随ロング狙い
ユーロドルにおける下落継続&加速時の追随ショート狙い

クロス円は、ドル円とその他のドルストレートの変動で
動きが相殺されやすいため今は触れず、
ドル円のロングとドルストレートのショートをメインで

ここはガンガン攻めたい局面
今週は大きなチャンスになりやすいと認識

∀今日のスイング用戦略
・ユーロドル→ショート構築(6/22)→追加ショート狙い
・ドル円→ロング構築(6/22)→追加ロング狙い
・ユーロ円→様子見
・豪ドル円→様子見
・豪ドルドル→ショート狙い

∀今日のデイ&スキャル用戦略(※毎日更新)
・ユーロドル→下落継続&加速時の追随ショート狙い
・ドル円→上昇継続&加速時の追随ロング狙い
・ユーロ円→様子見
・豪ドル円→様子見
・豪ドルドル→下落継続&加速時の追随ショート狙い