マツダ<7261>【買い】底堅い展開を予想=フェアトレード 平山 修司

【事業内容】
スポーツタイプの乗用車からトラックまで
幅広く製造・販売を手掛けている。

海外での販売台数が約8割と
海外販売台数比率が高いことが特徴。
【足元の事業環境】

前期は、東日本大震災の影響があったが
国内ではマツダデミオの販売が堅調に推移し、
CX-5の導入により、前期並みの販売台数となった。

海外では、アメリカでアクセラの販売が好調なことに加え、
ロシアでの販売が増加している。

2016年までに海外生産比率を50%へ高め、
営業利益率6%以上、営業利益を1,500億円を目指している。
【株価動向】
2月に株価は170円まで上昇したが、
その後、徐々に値を切り下げ、
今月4日には88円まで下落した。

現在、5日移動平均線が
25日移動平均線を上抜けており、
21日は始値よりも終値が高くなる展開と見ている。