FOMCに注目が集まる

FOMCに注目が集まる
本日、米国では連邦公開市場委員会(FOMC)を始め、FOMCメンバーによる政策金利見通しの公表やバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見などが予定されており、米金融政策の行方に市場の関心が集まっている。

市場関係者の意見を見ると、米経済は弱いが景気後退には至っていないことから、今回のFOMCでは、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)に踏み込むとの見方は少なく、ツイストオペの延長や、現在「2014年終盤」までとしている低金利解除の時期の先送りを予想する声が多い。

仮に市場関係者の想定する内容に近いものが伝えられるようだと、FRBの緩和姿勢が維持されてドル/円は上値の重い展開が予想される。

ただし、QE3に踏み込むなど、市場が期待する以上の緩和策を打ち出すようならば、ドル売りが優勢となることも考えられる。