今夜の注目材料は? 

今夜の注目材料は? 
東京市場のドル/円相場はこう着状態となりました。
ただ、夕方に入り、やや強含む様子も見受けられています。

このまま上値を伸ばし続けられるのか、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

10/10(水)
23:00 (米) 8月卸売在庫
26:00 (米) 10年債(210億ドル)入札
27:00 (米) 地区連銀経済報告(ベージュブック)
27:45 (米) コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁、講演
29:30 (米) タルーロFRB理事、講演
29:45 (米) フィッシャー・ダラス連銀総裁、講演
―― フランス・スペイン首脳会談
―― IMF、世界銀行年次総会(東京、14日まで)
※☆は特に注目の材料

ドル/円に直接作用する可能性がある米国関係の経済イベントはあるにはありますが、力不足感が否めません。

ドル/円が他の通貨ペアに連れて上値を伸ばしたとしても、独自でそれを促進させる力が出てくるかどうか微妙なところです。