20日線と60日線にはさまれる?

20日線と60日線にはさまれる?
本日の東京市場でのドル/円の値幅はわずか10銭前後に留まり、チャート上では20日移動平均線(本稿執筆時点では78.18円)と60日線(同、78.39円)に挟まれてこう着した展開が続いた。

この後の市場でも手掛かり材料となりそうな経済イベントが少ない事から、ドル/円は引き続き20日線と60日線のどちらも突破できない展開が続く可能性がある。

仮にスペインやギリシャ情勢で為替相場が全般的に動きを見せたとしても、ドル/円はユーロの対円と対ドルとの動きに挟まれて方向感が出ない事も考えられる。