世界景気減速懸念から上値は重く、下値は金融緩和から限定的だが

再度下値確認の動きも
 先週は、中国市場が休場で、ECB理事会、ドラギ発言、9月の雇用統計を含む経済指標の内容に左右されるとしました。75日移動平均線(9月28日時点8860円)を割り込むと調整が長引くが、8646円は強力な下値抵抗ラインになるとしていました。
 結局、3日(水)に8738円まで下げて終値8746円となりましたが、米経済指標を好感しドル高・円安となり、ユーロでも円安が続いていることで輸出株が買い戻され、4日(木)は△77の8824円、5日(金)は△38の8863円と8800円台を回復してきました。
 今週は、先週末の米雇用統計の改善を受けて円安基調が続き、主力の輸出関連株は買い戻しが続きそうでしたが、連休明けの9日(火)の日本市場は世界銀行とIMFの経済成長見通しの引き下げを受け、又、米国の決算内容も不安があることから、▼93の8769円と3日ぶりの反落となりました。再び9月6日の安値8646円を試す動きも考えられます。基本は、8600~8900円を想定。