主力はまだまだ不安定

財政の崖などがネックで最低大統領選挙後。
主力の戻りや低位株の割安などの戻りがありそうな時間。主力の循環の買い戻しも始まっていますからそういう時間にもなっています。しかし、安定感に欠けるのと個人投資家が成長株に向かう傾向がありますし、十月中旬の為替、中国の不買運動など含めた中間決算が非常に気になるので、位置や雰囲気で瞬間は買えても主力を買うのは難しいと思います。

ですから、この場面は読みやすい決算で有る内需で、直近動いたようなものが良く、トレンド的に崩れの無い方が良いと思います。特に来週は市場がSQもあれば四日立ち合いだけに急ぐ傾向にあり、軽量株か仕手株の新しいタイプとなりそう。

3046ジェイアイエヌは中国店舗はあるが比重は小さく、国内店舗の伸びが顕著。ロードサイドも伸び始め八月の資金拡充が企業の伸びを支えている。原価コストも押さえ、企業の勢いが良い。