米雇用統計までは様子見色

小動き前提も上下の落としどころに向かう動き想定
昨日の下げでいくらか素軽くなりそうなものですが、なかなかどうして、叩いても動かない状況は継続的と見ます。下には既存窓がありますが、そこは意識しつつも上に向かう動きの方に注意が向かざるを得ないでしょう。先物ベースでの8880向かいを一つのポイントとしてみておきます。寄付きが移動平均線や一目雲に挟まれる状況ですので、動き自体は取りにくいと見ますが、小さな押しも想定しつつも、まずは戻す動きに注目しておきます。