日銀追加緩和は期待先行

日銀追加緩和は期待先行
ドル/円相場は、本日の東京市場で78.70円台まで上昇するなどじり高傾向が続いている。

昨日の米経済指標が良好な結果となった事によるドル買いと、日銀の追加金融緩和期待による円売りがドル/円の上昇につながっているようだ。

こうした中、本日発表される米新規失業保険申請件数(21:30)が良好な結果となれば、明日の米9月雇用統計への期待を絡めて一段高となる可能性もある。

ただ、日銀による追加緩和については期待先行の感が否めない。

10兆円の緩和を決めた前回の決定会合からわずか半月しか経過しておらず、追加措置が取られる可能性は低そうだ。

ましてや日銀による外債購入については財務相ですら慎重な姿勢を示しており、今会合で導入される可能性は極めて低い。

明日の金融政策発表を前に利益確定の円買い戻しが入る可能性も否定できないだろう。