第二期オバマ政権 最初の難関

調整能力が試される
「財政の崖」に追い込まれれば米国経済の成長はマイナスに転落します。やっと景気が立ち直りかけた時のマイナス成長への転落を国民が許容するはずがありません。オバマ大統領の目指す富裕層への減税終了か、予算削減幅の縮小、又はそれらの組み合わせしか方法はありません。大統領と議会との妥協を目指す協議が始まるのは間違いないと思います。

財政の崖転落を懸念する株価下落(解決の催促)は大統領と議会の協議が始まれば止り、株価は協議の進展に一喜一憂しますが、いずれは大統領と議会との妥協成立で材料出尽くしとなります。ただ、どう妥協出来るかは予想が難しいと思います。