今夜の注目材料は? 

今夜の注目材料は? 
東京市場のドル/円相場はおおむね79.30円台での推移となりました。このまま横ばいで終わってしまうのか、手掛かり材料から考えてみましょう。

10/19(金)
18:00  (ポルトガル)コスタ・ポルトガル中銀総裁、講演
21:30  (加) 9月消費者物価指数
22:30  (米) ゼネラル・エレクトリック第3四半期決算
23:00☆(米) 9月中古住宅販売件数
-----☆EU首脳会議(最終日)

10/21(日)
------ スペインのバスク自治州・ガリシア自治州選挙
※☆は特に注目の材料

ドル/円は200日移動平均線に上値の抑えれらた状態が続いていますが、米9月中古住宅販売件数が市場予想(474万件)を上回れば、突破のきっかけになる可能性があります。

また、クロス円については、EU首脳会議での要人発言や米主要企業決算の結果などを受けて欧米株に動きに出れば、方向感が生まれそうです。

この他、週末を前とするポジション整理目的の大口注文がきっかけで急に値が動く可能性があります。ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに向けた動きには要注意です。