【買い】夢真(2362):今が旬

11月は「夢真の月」とみたい
夢真HDに注目する。
同社は建築技術者派遣大手。業績は好調。恒常的な技術者不足と首都圏の工事拡大は継続。復興需要が寄与すればさらに業績に上積み感。11月は「夢真マンス」と読みたい。
横浜ランドマークタワーや恵比寿ガーデンプレイス、あるいは六本木ヒルズや東京ミッドタウンなど大きなビルの施工は同社の人材がさせている部分なかり。ここに復興が加わって建設関連の繁忙は実は想像以上のものがある。「大量採用は5年程度は続けます」と同社佐藤会長。「その積み上げが当社の中長期的成長の基本になります」とも。首都圏でのインフラ整備やビル工事の拡大は良く眼にするところだが、実際に伺ったところでは相当人材が逼迫している印象を受ける。「採用をしていれば数字になる」。これも当然のこと。ただリスクについては「油断かな。緩むと大変だから気を引き締めて、あとは心配ない」というお話。そして「いずれ中期的展望も発表することになるとは思いますが、その中には『読めないもの』は組み込みません」とキッパリ。M&A戦略を初めとして、事業拡大路線を継続しつつも、油断大敵との戒めがある限り同社の中長期的成長は続くに違いない。まさに「今が旬」の企業。