ドル円は押し目買い狙い・・・・

週末の調整があれば・・・
 ドル円は、11日にソフトバンクによる米通信大手買収が報道されて以来、昨日まで、6営業日続伸となっています。この為、今日は週末のポジション調整による売りが出る可能性もあり、79円丁度近辺まで小反落となる可能性は有りそうです。
 又、昨日、グーグル、マイクロソフト等、大手ハイテク企業の決算が弱い数字となった為、ナスダック中心に株式市場の上値が重くなる可能性もあり、それがリスクオフのクロス円調整売りにつながれば、ドル円連れ安の可能性も高まりそうです。
来週を睨んで・・・・
 来週は、22日月曜日の朝、本邦の9月通関貿易収支の発表が予定されています。市場の予想では、4,000億円程度の赤字となると見られていますが、9月上旬に日中関係が悪化し、日中貿易への悪影響が否めない為、赤字幅が予想を大幅に上回る可能性も高く、これがドル円を大きく押し上げる可能性があります。それを勘案すれば、ドル円は押し目買いを狙うべきであり、貿易統計の数字次第では、79円台後半まで、反発する可能性も高いと思われます。