【 半歩先読みポイント 新たな種まき中 】味の素<2802> 

調味料の最大手
 ご存知、調味料の最大手。直近は傘下のカルピスをアサヒグループに売却したことで、新聞紙上も騒がした。極端に業績が悪い訳ではないが、中核ビジネスの調味料・バイオ事業にもっと資金を投下するための売却とのことだ。

 成長戦略としては、健康分野で花王と、化学素材でブリヂストンと、それぞれ業務提携を発表している。アミノ酸や発酵などの独自技術をコア技術として、新しい事業への種まきを行っていることが窺える。今後の展開が楽しみだ。

 リーマンショックの急落以降は、きれいな右肩上がりの上昇相場を描いている。今後も堅調推移が期待出来ることから、25週移動平均線に近づいた押し目は狙いたいところだ。しかし「押し目待ちに押し目なし」との相場格言もあるため、最小単位だけでも現状水準で買っておくことを検討しておくことも、一考だ。

ご注意:上記で紹介した銘柄は、お客さまに対してマネーパートナーズが推奨するものではございません。投資判断におかれましては、必ずお客さまご自身でお願いいたします。