◎21日後場の主要ヘッドライン

・合同鉄、東製鉄など電炉株が高い、建設用鋼材需要の拡大ハヤす
・ヤーマン続落、第2四半期累計業績見込みを下方修正
・三井不など不動産株が軟調、利益確定売りも金融緩和期待は継続
・ハイデイ日高が年初来高値、通期増額期待高まる
・乃村工芸は大幅高、割安感と取組妙味で買われる
・東映アニメは高値視野、ワンピース新作映画公開接近で期待
・東京計器が反発、通期業績増額期待を背景に底値離脱の兆し
・ダイワボウが大幅続伸、シーズンストックの一環として物色
・アイダ大幅続伸で年初来高値を更新、業績好調で見直し買いが入る
・土屋ホームが続伸、来年度の住宅着工90万戸突破報道が手掛かり