ファナックが続伸、小型工作機械の営業強化報道が追い風に

 ファナック<6954.T>が高い。同社は小型工作機械の営業体制を強化し、12月に茨城県での新工場稼働に伴い、月産能力を現状の2倍の5000台にする計画が日本経済新聞で報じられたことが支援材料となっている。現在スマートフォン製造向けに販売を伸ばしているが、自動車メーカー向けなど新規顧客の開拓を急ぎ、営業のテコ入れによって早期のフル稼働を達成できるようにすると伝えらている。株価は9月19日の戻り高値1万4140円を射程にとらえている。

ファナックの株価は9時5分現在1万3930円(△100円)。