タカラバイオが堅調、難治性白血病に関するライセンスを米インビボに供与で

 タカラバイオ<4974.T>が前日に続きこの日も堅調な展開。21日の取引終了後、同社が保有している悪性度の高い急性骨髄性白血病の主要原因であるフルストリー(FLT3)遺伝子の変異検出法に関する特許の日本国内における実施権を、米インビボ・スクライブ社(カリフォルニア州サンディエコ)に供与すると発表したことを材料視。インビボ社に対しては、既に日本を除く全世界での独占的実施件を供与しているが、今回の日本国内におけるライセンスの供与で、タカラバイオとインビボ社により研究開発が推進されることが期待されている。

タカラバイオの株価は9時37分現在738円(△15円)。