クレセゾンがしっかり、13年3月期貸倒費用17%減と報じられる

 クレディセゾン<8253.T>がしっかり。きょう付の日本経済新聞で、貸倒関連費用の合計は前期比17%減の255億円と4期連続で減るもようと報じられたことを材料視。記事によると、過払い金返還請求の減少が寄与するためで、与信管理の徹底もあり、今期の連結経常利益は510億円と32%増える見通しとしている。既に今月8日に決算が発表されているが、改めて貸倒費用の軽減による業績の押し上げが報じられたことで、再度注目を集めた格好だ。

クレセゾンの株価は9時43分現在1811円(△21円)。