ケーヒンが大幅高、業績堅調の自動車部品株で見直し買いが継続

 ケーヒン<7251.T>が大幅高。同社はホンダ系の主力部品会社で、10月31日に中国の四輪車向け部品の販売減少を理由に、13年3月期の連結業績見通しを下方修正した。だが、連結経常利益は120億円(前期比4.7%増)と5億円ほどの減額にとどまり増益を維持している。北米向けの四輪車用やアジア向けの二輪車用の販売は増加基調にあることや、1ドル=79.52円想定の為替が円安になっていることから、収益改善に期待した向きの見直し買いが継続している。

ケーヒンの株価は10時36分現在1109円(△66円)。