JSRが続伸、新型蓄熱材住宅向け量産報じられる

 JSR<4185.T>が続伸。22日付日本経済新聞朝刊で「戸建て住宅の省エネにつながる新型蓄熱材の量産を始める」と報じたことが好感された。新しい蓄熱材は太陽光などにより発電した電力で凝固させ昼間に溶かして冷気を出すために使う素材。政府は新築住宅の省エネ基準を段階的に強化する方針で、スマートハウス向けに需要拡大が見込まれている。発行済み株式総数の1.66%にあたる400万株を上限にした自社株買いの実施期間中で、好需給も買い手掛かりになっている。

JSRの株価は11時30分現在1523円(△24円)。