東ガスが続落、来年1月の料金引き下げを警戒

 東京ガス<9531.T>が続落。22日付の日本経済新聞が「電力・都市ガス大手が主な原燃料であるLNGの輸入価格の下落で、来年1月の料金を引き下げる」と報じたことから、収益への影響を警戒した売りに押されている。また、市場の物色対象が円安傾向を背景に輸出主力株になっており、ディフェンシブ銘柄の代表である同社から資金が流出しているようだ。

東ガスの株価は14時11分現在411円(▼13円)。