サムティが12年11月期業績を下方修正、下期予定の不動産物件の売却が進まず

 サムティ<3244.OS>が22日引け後に12年11月期連結業績見通しの下方修正を発表。売上高は前回予想の200億円から108億円(前期比33.3%減)に、経常利益は15億円から2億円(同84.5%減)に減額し、16.5%経常増益から一転、大幅な減益見通しとした。下期に予定していた不動産物件の売却ができないことから、大幅な売り上げ減少となることが要因。