AMIがニチイ学館との提携解消

 アドバンスト・メディア<3773.T>はこの日午後4時にニチイ学館<9792.T>と資本業務を解消することを発表した。同社とニチイ学館は、同社の音声認識技術AmiVoiceの有効活用による医師の事務作業や介護・教育現場における事務作業の負担軽減を推進し、医療・介護・教育の各分野にイノベーションを生み出すことを目指し、2009年8月に資本・業務提携契約を締結、事業連携を検討してきた。しかし企業文化の違いもあり、資本関係を基礎とした関係よりも相互に立場を尊重し合う連携関係を選択したほうが相互の事業シナジーを追求できるとの結論に至ったとしている。ニチイ学館は、同社株式1万250株を取得しており、資本・業務提携解消に伴い、株式を売却する意向にあるが、有益な引受先へできる限り売却、株価への影響ができる限り少ない方法で売却していく方針。