水準は高いが日中は小動き

寄付きから窓払拭への動きが出れば
日経平均は窓空けからの始まりとなりそうです。先物ベースでの木曜日の高値が落としどころとなりますので、窓端と重なる事で意識されるところ。上の目処はCMEとなりますが、為替の更なる円安基調を受けると、意外高まで念頭に入ります。目安となる直近の高値が10000円を超えて来ないと視野には入って来ませんので、その場合は、まずはザックリと9500ターゲットと見ておきます。