NECが反発、持ち運び可能なDNA解析装置を14年にも製品化へ

 NEC<6701.T>が反発。同社は22日、持ち運び可能なDNA解析装置を試作したと発表したが、これが刺激材料として注目されている。2014年の製品化を目指すとしている。これは犯罪現場で見つかった犯人のものと思われる血液などから自動でDNAを抽出し1時間以内に結果が分かるというもの。重量は32キログラムで現場に持ち運ぶことが可能で初動捜査に大きく貢献する。また、きょうは同社が出資する半導体大手ルネサスエレクトロニクスの産業革新機構の買収計画において、同社と日立と三菱電の3社との間で最終合意したと伝えられていることも追い風材料となっている。

NECの株価は9時27分現在148円(△4円)。