三菱電が3日続伸、独占禁止法違反もルネサス再建に期待

 三菱電機<6503.T>が3日続伸、前週末比18円高の665円で寄り付いた後26円高の673円まで買い進まれた。23日付毎日新聞が「公正取引委員会が三菱電機など部品メーカー5社に対し、独占禁止法違反排除措置命令を出した」と報じたが反応はない。業績や今後の取引への影響は軽微との見方で、むしろ、為替市場での円安進行が好感され、ルネサスの経営再建への期待で買いが先行している。

三菱電の株価は10時分01現在671円(△24円)。