大和ハウスは新高値更新後上げ幅縮小、物流施設に600億円投資報道も反応限定的に

 大和ハウス工業<1925.T>が寄り付き直後に年初来高値更新したが上げ幅縮小している。25日付の日本経済新聞が「今後2~3年で約600億円を投じ、全国の大都市近郊に大型物流施設を6~7カ所建設する」と報じたが、買い材料視する向きは限定的となっている。インターネット通販の利用者が増え、通販各社が即日配送などの速さを競っており、消費地に近い物流施設の賃貸需要が高まるとみて、需要の取り込みを狙うとしている。首都圏の相模原市や埼玉県三郷市、横浜市などのほか、福岡、仙台にも大型の物流施設を建設する方針という。

大和ハの株価は10時27分現在1245円(前日比変わらず)。