キヤノンが続急伸、7月12日以来の3000円大台復帰

 キヤノン<7751.T>が続伸、ここ連日の上昇で株価を7月12日以来、4カ月半ぶりに3000円台に乗せてきている。米国株上昇や為替市場での円安進行が味方しており、同社の場合は特に欧州向け輸出比率が高く、対ユーロでの円安が強力な追い風材料だ。足もとは1ユーロ=107円台に入るなど急速な円安歩調で今年4月中旬以来で、輸出採算改善の思惑が株価を押し上げている。

キヤノンの株価は10時17分現在3005円(△93円)。