極東開発が5日続伸、国策後押し、業績好調で見直し買い進む

 極東開発工業<7226.T>が5日続伸。ここ直近は5日移動平均線を下支えに上げ足を強めており、今年7月5日の戻り高値763円払拭を意識する展開にある。コンクリートポンプ車などに強みを持つ特装車の大手だが、国内復興需要を背景に大型ダンプが伸びているほか、インドネシアでダンプカーの生産・販売に展開するなど新興国のインフラ需要も取り込んで業績は好調だ。13年3月期経常利益は前期比44%増の46億円を見込むが、一段の上乗せも視野に。安倍新政権誕生なら震災対策の公共投資が増加するとの読みも働き、同社にとっては一段の上値指向の足掛かりとなる。一株純資産は1387円と時価はその6割弱に過ぎないことで買い安心感も指摘される。

極東開発の株価は10時39分現在747円(△8円)。