東製鉄が堅調、電力値上げに対応しコスト20億円削減と伝わる

 東京製鉄<5423.T>が小幅に4日続伸と堅調な展開にある。25日付の日本経済新聞が「東電や九電の管内に工場のある東京製鉄は両社の電気料金値上げに対応し、鋼に加えるマンガンの量を減らす対策などで13年3月期に20億円のコストを削減する」と報じたことが手掛かりになっている。同社は鉄スクラップを電気炉で溶かして原料にするため、電力が総コストの約3割を占めることからの措置としている。

東製鉄の株価は11時23分現在315円(△4円)。