サニーサイドが一時ストップ高、株式分割実施で見直し買いが続く

サニーサイドアップ<2180.OS>が大幅に7日続伸。株価は一時、前日比700円高のストップ高となる4480円まで買われている。同社は20日に12月10日の株主に対して1株につき4株を割り当てる株式分割の実施を発表。株式流動性の向上と株価が4分の1になることからの買いやすさに注目した向きの見直し買いが継続している。同社は企業PRや販売促進支援事業が主力で、13年6月期の連結業績は売上高111億円(前期比7%増)、経常利益4億500万円(同17%増)と好調見通しにある。

サニーサイドの株価は12時41分現在4400円(△620円)。