日立化が続伸、従来より融点の低いガラスを日立と開発

 日立化成工業<4217.T>が3日続伸。同社と日立製作所<6501.T>は26日、摂氏220~300度と従来の低融点ガラスより約100度低い温度でやわらかくなるガラスを開発したと発表、これが株価を支援している。従来の低融点ガラスよりさらに融点が低下したことでガラスの加工や成形がしやすくなり、高温に弱い精密機器や電子部品などの接着材料などとしての用途で応用が期待できる。2014年の量産化を目指している。

日立化の株価は12時51分現在1199円(△27円)。