帝人が3日続伸、炭素繊維大手で出遅れ感も

 帝人<3401.T>が3日続伸。グループの東邦テナックスは東レに次ぐ炭素繊維大手で、ボーイングの大幅増産による炭素繊維需要拡大を材料に東レが水準を切り上げたことで、出遅れ感から買いが先行している。今3月期は前回予想を大きく下回り、連結営業利益は前期比27%減の250億円と大幅減益を見込み、期末配当を従来予想の3円から2円に減配。業績悪化が嫌気され、今月13日に年初来安値156円を付けるなど、株価低迷が続いていた。

帝人の株価は13時43分現在184円(△5円)。